【宿泊記】コートヤード・メキシコシティ・レボルシオン 適度に安く・快適

ホテル

みなさまこんにちは、Tenya(@kuronoir9666)です。

 

今回からしばらくはメキシコについてお送りしたいと思います。

第一弾は「COURTYARD MEXICO CITY REVOLUCION / コートヤード・メキシコシティ・レボルシオン」です。

日本には無いカテゴリー2のマリオットグループのホテルです。

長い飛行機の後なので足を延ばして寝れたら満足、ということでカテ2にしましたが思いのほか広く満足できました。

写真多めで紹介していきたいと思います。

COURTYARD MEXICO CITY REVOLUCION

コートヤード・メキシコシティ・レボルシオンはメキシコの首都であるメキシコシティ(CDMX)にあるシティーホテルです。

メキシコシティ国際空港からは荷物もあるのでUberを利用しました、約25分で900円程でした。

時間帯によってはかなり渋滞するので注意して下さい。

中心地のソカロまでは徒歩とMetrobús(メトロブス)で40分程かかりましたが、運賃は40円程なので超お得です。

ソカロの北側にあるテピト地区は治安が悪いらしいので近づかない方が無難らしい。

ホテルは一方通行ですが比較的大きな通りであるレボルシオン通りに面しているので治安の心配もなさそう。

そしてすぐ南にはOXXOと言うコンビニがあるので軽い買い物にもかなり便利です。

別の場所にMetroのレボルシオン駅もあるのですが、全く最寄り駅ではなく距離はかなり離れています。

コートヤード・メキシコシティ・レボルシオンはカテゴリー2なので無料宿泊には⇩のポイントが必要です。

カテゴリーオフピークスタンダード ピーク 
10,00012,50015,000

必要ポイントが少なくてびっくりしますね。

オフピークでポイントセーバーが有れば8,000Pで宿泊できちゃいます、ちなみに私が予約した日は約6,700円でした。

外観・エントランス

サムネイルにもなっていますが外観は普通のシティホテルです。

玄関には必ず人がいて体温チェックや消毒をしています、人の出入りの無い時はずっと誰かと喋っているかスマホを見ていますけどねー。

ロビー。

建物の中央が上まで吹き抜けになっているので開放感が有ります。

ロビー横にはThe Bistro、ウエルカムドリンクはここで頂けました。

あとで一杯いただいた時の⇩

客室

今回の部屋は「Superior, Guest room, 1 King」という部屋で予約しました。

チェックイン時に見晴らしの良い部屋にしておいたと言われたのでおそらく「Guest room, King, City view」の部屋になったものかと思います。

部屋の広さは32と33㎡なのでほぼ同じですね。

天井と扉はウッド調で良い雰囲気、廊下は吹き抜けになっており明るく開放的。

いつもの避難経路図。

中央が大きく吹き抜けになっています。

部屋のサイズは十分、スーツケース2個でも広げられます。

デスクスペースも幅広で使いやすい。

あとメキシコのホテルでは座る時にジャケットをかけるためなのか、洋服掛けが良くある気がします。

奥から入口に向かって。

部屋に入ってすぐ右には水周り、洗面の後ろはクローゼットです。

セーフティ―ボックスもちゃんと使用できます。

洗面。

日本と違い驚いたのはアメニティ類がほとんど無い事です、石鹸とボディローションしか置いていなかったです。

さらに奥にはトイレとシャワーブース。

シャンプー・コンディショナー・シャワージェルは「VERVE」。

窓からはシティービュー、9階です。

下はレボルシオン通りですが9階なのもあって騒音は気にならなかったです。

ただ夜景は右下の電光掲示板だけが明るすぎて写真も無理でした。

館内設備

ロビー横にあるThe Bistroの隅にプリンターのあるコーナーがありました。

海外では念のため英語や現地語でプリントアウトしておきたいケースも有ると思うので助かります。

私は利用しなかったですが、2階(メキシコ的には1階)に「Centro (セントロ)」と言うレストランもあり朝食の際はそちらを利用するそうです。

メキシコの階数はヨーロッパで良くあるグランドフロアの様に1階を「プランタ・バッハ(地上階)」と呼び、2階から1階として数え始めます。
エレベーターでは「PB」と表記。

9階には24時間あいているフィットネスセンターがありました。

コインランドリーは無かったです、海外だと洗濯も重要かと思いますが。

他のホテルでもコインランドリーは見かけなかったので無いのが普通なようでしたね。

街の洗濯屋さんを利用する感じなのかと。

プラチナエリート特典

マリオットヴォンボイの会員なら国外でも変わらずエリート会員としての特典が利用できます。

コートヤード・メキシコシティ・レボルシオンに宿泊した時はプラチナエリート会員でした。

英語がペラペラなわけでもないですし、スペイン語は全く話せないので、聞き間違いなども有るかもしれませんが、特典をまとめておきます。

・部屋のアップグレード
・選択式アメニティ(朝食or500ポイントor10ドル分のクーポン)
・ウェルカムドリンク
・レイトチェックアウト最大16時
・ボーナスポイント50%

選択式アメニティの10ドルは確認してませんが米ドルでしょうね。

ウェルカムドリンクはロビー横の「The Bistro」でいただけました。

私は朝食をチョイスしなかったですが、朝食を選んだ方は1階の「Centro (セントロ)」を利用する事になるそうです。

詳細データ

<所在地>
都市名:メキシコシティ (メキシコ)
所在地:Avenida Revolucion 333, Col Tacubaya, Mexico City, 11870, MEXICO
電話番号:(52) 55-5627-0220

チェックイン:15:00~
チェックアウト:~13:00
総部屋数:252部屋(10階建て)
駐車場:あり(無料)

<設備・サービス>
レストラン/バー/ラウンジ/スナックバー /デリ/ルームサービス (営業時間限定)/共用エリアでのコーヒー / ティーサービス/現地ツアー/24 時間利用可能なフィットネス設備/ビジネスセンター/会議室/24 時間対応フロントデスク/コンシェルジュ サービス/ドライクリーニング /ランドリーサービス/ランドリー設備/新聞 (ロビー、無料)/手荷物保管サービス/ウェディング サービス/複数の言語を話すスタッフ/ベルスタッフ

対応言語:スペイン語・英語

<客室設備>
室内空調 (温度調節可) – 冷房/コーヒー・ティーメーカー/アイロン/ピローメニュー/遮光カーテン
/専用バスルーム/シャワーのみ/バスアメニティ (無料)/ヘアドライヤー/32 インチ液晶テレビ/ケーブルテレビ/インターネット/デスク/WiFi 無料/電話/ボトルウォーター (無料)/セーフティボックス (客室内)

まとめ

コートヤード・メキシコシティ・レボルシオンでした。

足を延ばして寝れればOK、ぐらいな気持ちで選びましたが、部屋も広く満足できました。

写真多めって言いましたけど、そんな撮ってなかったです(汗)

歯ブラシなどは持っていたので、アメニティは少ないですが私は特に追加でリクエストする事も無かったです。

部屋の水周りのアメニティが少ないのはケチっているわけではなく節約とエコ意識のためかと思います、ある意味では日本は遅れているとも言えますね。
最低限の物(石鹸など)だけ置いておき、それ以外は必要に応じてフロント・サービスに頼めば持ってきてくれる方式が増えているそうです。

立地は中心地には少し遠いですし、観光メインならもう少し近場のホテルの方が良いかと思います。

レストランに関しても周辺地域は選択肢が豊富とは言えないです。

ここに連泊してメキシコシティ―を観光するのは微妙かと思いましたが、軽くご飯食べて寝るだけなら文句は全くありませんでした。

みなさんのホテル選択の一助になれば幸いです。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました