ゆるりメキシコ旅/グアダラハラ 行き方/飛行機・バス バスターミナル

海外旅行記

みなさまこんにちは、Tenya(@kuronoir9666)です。

 

さて、今回からは「Guadalajara / グアダラハラ」について紹介したいと思います。

最近は長めの記事が増えてる気がするので軽く読めるように分割していくことにしました。

という事で今回はグアダラハラについてと、西海岸のビーチリゾートであるプエルトバジャルタからの移動についてお送りしたいと思います。

私はプエルトバジャルタからの移動でしたが、メキシコシティから移動される方も多いのでしょうし、私が調べた限りですがシェアしたいと思います。

行き当たりばったり旅なので、浅い情報量だとは思いますがお付き合いください。

Guadalajara / グアダラハラ

グアダラハラについて

グアダラハラハリスコ州の州都で、メキシコにおいてメキシコシティに次ぐ第二の都市圏です。

Wikipediaいわく「北米有数の世界都市」で「メキシコ人からはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれる」らしいです。

うちの京都市と姉妹都市であるおかげなのか、調べる前から名前だけは知っていました。

人口は2010年国勢調査の時点で1,495,189人、京都市が1,475,183人なので偶然にも同じぐらいですか。

面積は151.4㎢で大阪の堺市(149.8㎢)ぐらいです、同じぐらいの人口である京都市の面積は827.8㎢なので随分狭い所に密集してるようですね。

関西人なので例が関西ですが、関東だと神奈川県の川崎市が143㎢で1,475,213人なのでかなり近いですかね。

位置はメキシコシティから西北西に530kmほどに位置しています。

詳しくは後述しますが、各都市との主な交通手段は飛行機長距離バスの2択になってくると思います。

グアダラハラへの行き方

上で述べた通り、 各都市との移動は飛行機長距離バスになるとおもいます。

グアダラハラの空港とバスターミナルは⇩の位置。

飛行機

グアダラハラの空港は略称グアダラハラ国際空港で空港コードは「GDL」です。

正式名称は「ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港」らしいですが、失礼ながら全く覚えられる気がしませんね。

私が飛行機でのアクセス調べた際はかなり便は豊富で就航地の例は⇩な感じでした。

メキシコシティ(1.5h・3,500~25,000円)
カンクン(3h・6,500~15,000円)
プエルトバジャルタ(1h・6,100~20,000円)

他にもメキシコ国内線なら、ロスカボス・ティファナ・モントレイ・オアハカ・チワワなど。
国際線なら、ダラス・シカゴ・ロサンゼルス・ヒューストンなど。

最安値はだいたいボラリスビバエアロブス等のLCCなので荷物・座席指定代は別途必要な場合が多いです。

問題点は空港が有るのが隣町になり、グアダラハラから南に約22㎞と少し距離がある事ですかね。

空港から市内へは乗合バスも有るようですが旅行者にはいまいち分かりにくいらしく、TaxiUberになるようです。

Taxiは空港にチケットカウンターがあり市内までMX$320で定額制、メーターが無いので事前に料金が決まっているのは安心できますね。

逆に市内からなら乗る位置と交渉次第ですがMX$200~250程度のようです。

今の時代ならUberが捕まりそうなら時間帯にもよりますが最も安く安全に移動できるのではないかと思います。

私は最終的にプエルトバジャルタから移動する事になったので、その際に改めて料金を調べてみたところ、早朝便のVivaAerobus(ビバアエロブス)MX$1,500(約8,300円)が最安でした。
早朝便と経由便を除くと、Aeromar(アエロマール)MX$2,000(約11,000円)
どちらも預入荷物と座席代も含めて調べています。

調べてて思ったのですが、メキシコの飛行機は総額で見たらそんなに安くないですね。

長距離バス

メキシコの国内移動はやはり長距離バスがメインかと思います。

特にグアダラハラはメキシコ第二の都市なので他都市からのバスも豊富です。

⇩地球の歩き方から一部ですが抜粋(本数・所要時間・料金)してみました。

メキシコシティ(毎時2~5本・7~8h・MX$806~945)
グアナファト(1日9本・4h・MX$479~570)
レオン (1日9本・3h・MX$399~475)
プエルトバジャルタ(1日25本・5h・MX$546~705)
ケレタロ(毎時5~7本・4.5~5h・MX$588~700)
モンテレイ(1日10本・12h・MX$1,050~1,075)
ティファナ(1日21本・31~36h・MX$1,775~2,105)

ティファナとか凄い時間ですね、Mapで距離を見たら2,250㎞でした。

さすがにティファナやカンクンといった距離になれば飛行機が現実的ですが、近距離から中距離なら費用と時間を考えてバスの利用も便利だと思います。

こちらも空港と同じく街から少し距離があるのが難点で、南東に約10㎞ほどです。

Taxiなら市内まで約25分でMX$120程、空港よりはバスが使いやすいようでセントロ行きなら「TUR・275・616・644」といった番号のバスが出ているようです。

私はUberを使いMX$115(約640円)でした、メキシコはUberが安いので気軽に使えます。
(Uberが安いといってもバスならMX$9.5~19なのでそこから比べると十分に高いですが)

プエルトバジャルタからの移動は「ETN・PrimeraPlus・Elite・Futura・Pacifico」などのバス会社が運行してます、私はネットからも予約がしやすかったのでETNを利用しました。
特等ランクのバスのETNですが事前割引があり2等バスと変わらないMX$500(約2,800円)で乗ることが出来ました。

⇩各社の予約サイトはコチラにまとめておきます。

ETN公式サイト ←英語アリ
Primera Plus公式サイト ←スペイン語のみ(機械翻訳で何とかなる)
ADO公式サイト ←今回は未使用ですが参考として
Clickbus ←英語アリ(上の2社以外の便はコチラで検索)

グアダラハラへ

さてではグアダラハラへの移動です。

プエルトバジャルタ・バスターミナル

出発地のプエルトバジャルタから。

私は満席で買えなかったら嫌なのでネットで事前に予約しましたが、現地の窓口で購入される方も多かったです。

ETN・Primera Plusなら割引があるので数日前でも事前購入の方がオススメです。
今回も確かMX$670ぐらいから限定数席でMX$500に割引されていました。

窓口は⇩な感じでETN・Primera Plus・Futuraと並んでいます。

ETNは特等バスなので特等の専用待合室(写真中央やや左)がありましたが、特に何かサービスが違うわけでもないので、利用されている方はほとんどいなかったです。

待合室の入口がコチラとは逆側の荷物チェックのセキュリティを越えた先ですし、何よりあちら側にはトイレも無かったと記憶しています。

荷物預かり所の「Guarda Equipaja」とMX$6の有料トイレ。

特等や1等ならバスに無料のトイレが付いています、2等バスは壊れている事も良くあるらしいのでココで済ませておきましょう。

長距離バス - ETN

乗車するETNのバスは見た目も綺麗な二階建ての快適なバスです。

座席表は⇩のような感じで、2×1の座席配置でゆっくり座れます。

左右幅は欧米人でも余裕がある広めのシートでレッグレストやオットマンも付いています。

前後の座席間隔も非常に広いので、リクライニングも後ろを気にし過ぎずにすみますね。

ただ、リクライニングは結構な角度まで倒れるので、倒すときは要注意です。

会社や便によっても違うと思いますが、私が乗ったバスは赤□のバスターミナルを出発した後、すぐ近くのヌエボバジャルタ(青□)にも停車して乗客を乗せていました。
(ヌエボは英語ならNewで新しいという意味、これから開発される地区でしょうか)

そこからは4時間ほどノンストップで爆走でした。

到着地のグアダラハラ・バスターミナルは赤□の位置ですが、その前に青□の隣町のザポパンに一ヵ所だけ停車しました。

隣町と言っても1時間弱かかりましたので距離は意外とあるようです。(地図の縮図だと近いように見えますが)

乗車地2箇所と降車地2箇所のだいたい直行便での運行でした。

調べていて特等バスなら軽食が出るとか水が貰えるとかも書いてあったような気がしますが、そういったサービスは特に無かったです、コロナのせいでしょうかね?

グアダラハラ・バスターミナル

到着したグアダラハラのバスターミナルです。

メキシコ第二の都市だけあって大きくて人も沢山です。

売店や⇧で見切れてますがバーガーキングもありました。

ベンチの座席が物理的に間引かれてるのにビックリ、でも残った骨組みにも気にせず座るのがラテンのメキシコ人。

ブエンカフェなるレストランもありました。

そして荷物預かり「Guarda Equipaja」、こちらはプエルトバジャルタと違いちゃんとスタッフがます。

スタッフさんずっとYoutube見てましたけどね、まぁ人がいるだけ安心でしょう。

横にはATM、バスターミナルでたくさん人もいるので安全に利用でき助かりますね。

まとめ

メキシコの移動は皆さんも長距離バスがメインになるのではないでしょうか?

飛行機は早いですがアクセス・空港での待ち時間・費用などを考えると、長距離バスの選択肢が有力になってくると思います。

とは言えメキシコのバスターミナルは郊外が多く、東京・新宿のバスタとか大阪・難波のOCATとかの様に街のド真ん中に有るわけではないので、日本のバスターミナルから考えたら少しアクセスは悪いですが。

カンクン・ティファナなどなら飛行機で3時間
グアナファト・レオン・プエルトバジャルタなどならバスで3~5時間
メキシコシティ辺りなら飛行機で1.5時間、バスで7.5時間と悩みどころ

私は今回の旅行では基本的に⇧ぐらいの感覚で考えて交通手段を選択していました。

それぞれに時間とお金の価値観は違うと思うので、良い選択をするための旅の一助になってくれれば幸いです。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました