【宿泊記】ホテルインディゴ・グアナファト 街に溶け込んだオシャレホテル

ホテル

みなさまこんにちは、Tenya(@kuronoir9666)です。

 

今回もメキシコですが街を移動して「Guanajuato / グアナファト」にやってきました。

宿泊したホテルは「Hotel Indigo Guanajuato / ホテルインディゴ・グアナファト」で、IHG(InterContinental Hotels Group)に属するデザイナーズホテルブランドです。

グアナファトはオシャレな街並みとかつて栄えた銀山が「グアナフアト歴史地区とその銀鉱群」として世界(文化)遺産に登録されています。

そのため、おそらく京都と同じように景観規制が有るのでしょうね、新しいホテルのようですが街並みに溶け込んだオシャレな雰囲気にまとまっていました。

ホテルインディゴ・グアナファト

グアナファトは大きな街ではありませんがグアナファト州の州都になっています。

街の中心にあるグアナファト大学は国際交流に力を入れており日本とも交換留学を積極的に行ってるようで、留学先としてたまに名前を聞く大学です。

空港は隣街のレオンとの間にあり、レオンも日本人が比較的多い街の印象です。

ホテルインディゴ・グアナファト2019年の後半に完成しオープンした新しいホテルだそうです(正確な日付は調べてみたけど不明でした)。

行く前に雰囲気を見ようとGoogleストリートビューを開いても撮影日が2019年4月となっており未完成でした。

私はグアダラハラから長距離バスで訪れましたが、バスターミナルから市街地までは約6㎞ほどの距離があります。

バスターミナルから市街地まではバスタクシーになると思います、Uberも一応ありますが大きな街ではないので台数が少なくあまり実用的では無かったです。

私は行きはタクシーを利用しMX$100、帰りは街からなのでUberを利用してみてMX$97、と約550円前後で料金はだいたい同じぐらいでした。
(帰りの方が少し距離が長かったので料金はUberの方が安いですが、メーターの無いタクシーでこの金額差なら良心的ですよね。)

ちなみにバスならMX$7(約40円弱)だそうです。

外観・エントランス・ロビー

外観は街並みに合わせてカラフルで可愛い感じにまとまっています。

狭い道で一方通行なのですが左右に駐車車両が多くさらに渋滞を助長しています、市街地を散策するなら暑いですが徒歩ですね。

中に入ればエントランスは洞窟な感じのデザイン。

グアナファトは昔の銀鉱山跡がそのまま地下道として利用されているので、その地下道にデザインに合わせた感じかな。

エントランスをくぐれば今風にお洒落な内装です。

左手にレセプション、奥にはレストランですね。

おそらく景観規制があるのでしょうが3階建てでスペースが限られているのでコンパクトにまとまっています。

客室

客室タイプとアップグレード

ホテルインディゴ・グアナファトですが、客室タイプは違いが分からず詳細不明です。

⇩の5種類が有るようですが広さも変わらず細かい差も分からず、IHGはこの辺りもホント使いづらいです。

部屋タイプベッドタイプ広さ定員
Leisure1 King28㎡2
Standard不定(1 King?)28㎡2
Contemporary2 Queen28㎡4
Spacious contemporary2 Queen28㎡4
Superior2 Queen28㎡4

今回はIHGの会員システムであるIHG Rewards Clubのポイントを利用して宿泊しました。

利用したのは16,000Pで部屋は最も安い上の「King Leisure」です。

IHGRewards Clubについては⇩へどうぞ。

客室紹介

広さや設備で客室の差が全く分からないですし、レセプションでも何も言われなかったのでアップグレードについても不明です。

3階建ての3階でしたし、窓から外の景色も見えたので良い部屋にはして貰えたのだと思います。

廊下も部屋の扉も中庭もカラフルでお洒落なデザインです、廊下は照明が暗いのだけ少し気になりました。

いつもの避難経路図です。

全館ではなく一部だけの図とか珍しいですね、見えてない上部分にも同じような形で部屋が有ったので3階は26部屋ですね。

⇧の真ん中の写真はエレベーター前の吹き抜けで部屋によっては窓がこの中庭側になります。

部屋はオーソドックスな形ですね、入って右手側が水周りです。

部屋に入ってすぐ右手側にはコーヒーメーカーや水が置いてあります。

入口すぐ横にカウンターがあるとマスク置いといたりと何かと便利ですね。

奥に行って客室に、何よりも先に壁にある一面の絵が目に入ります。

部屋の奥から、クローゼットの扉も歯車みたいなデザインの部分が取っ手になっていてお洒落ですね。

箱や引き出しは多いですがほとんど飾りで中は空っぽでした。

デスク、コンセント・USBも2口あり十分です。

デスクサイドにはウェルカムギフトが置いてありました。

クローゼットを全開に。

中にはアイロン・アイロン台・セーフティボックスです。

ベッドサイドにもコンセントとUSB×2。

時計にも置く充電とUSB×2があるので充電などは十分すぎるほどあります。

ウェルカムギフトはチョコレートのかかった苺です。

左の紙は歓迎の挨拶とプラチナエリートの特典についての紙が有りました。

続いて水周りへ。

バスタブは有りませんが、新しいホテルだけあってとても綺麗です。

シンプルな洗面。

アメニティは「CAVA」でシャンプー・コンディショナー・ボディローションに加えて石鹸が2つ。

2つある石鹸はFacial SoapとBody Barと分かれていました。

窓からはグアナファトの街。

この部屋の窓は西向きなので中心地であるセントロとは逆方向となります。

館内設備

ホテルは非常にコンパクトにおさまっています、景観維持の決まりなどが有るのでしょう。

なので館内の共同の設備は必要最低限のレストラン等のみでジムやプールといった施設は有りません。

レセプションの奥に行くとレストランの手前に「PCが2台置かれたビジネスコーナー」と「コーヒーショップ+売店」もありました。

ビジネスコーナーはチケットの印刷に利用しましたがプリンターのトナー切れで印刷不可でした、日本ではちゃんと管理されてそうですがメキシコならご愛敬ですね。

レセプションにメールして印刷してもらったので問題は無かったです。

レストラン「Don Mirlo」

1階のレセプション奥にはレストランの「Don Mirlo(ドン・ミルロかな?)」があります。

今回はポイントを利用しての宿泊だったので朝食は付いてません。

ポイント泊なので朝食ぐらいは有償でいただくつもりでしたが、起きたらすでに朝食終了時間だったので残念ながら利用できませんでした。

⇩公式から頂いてきました、雰囲気だけでも。

ホテルバー

ホテルのエントランス手前の左横にはオシャレなバーがあります。

特に名前は無いのかな?公式でも「Bar and Lounge」と書いてあるだけでした。

入った瞬間は何となくYoutubeで見た芸人(?)の西野亮廣さんの家を思い出しましたね。

入口はこんな感じ、出て左がホテルのエントランスですね。

写真用に少し明るめに撮っていますが実際にはもう少し暗く落ち着いた感じです。

奥側、テーブルは7席ほどでそんなに広くはないです。

プロジェクターはお洒落な映像を流してました、流石にインディゴではサッカーは流さないのかな。

ビールとフライドポテトを頼み、のんびり次に行く都市を決めたりしていました。

ポテトは撮り忘れましたね。

IHG Rewards Club プラチナエリート特典

IHGの会員プログラムRewards Club(リワーズクラブ)に入ると様々な特典が受けられます。

いくつか会員のランクがある中で私はプラチナエリートとして宿泊しました。

今回は部屋に会員特典について書かれた紙が置いてあったので分かりやすかったですね⇩

色々書いてありますが、メインは⇩かな。

ウェルカムアメニティ
レイトチェックアウト(2PM)
無料の客室アップグレード
基本ポイントに加算されるボーナスポイントが50%にアップ

ウェルカムアメニティは恐らく部屋に有ったイチゴとチョコのやつですね。

いつも言ってる気がしますが、IHGのホテルはエリート会員でもラウンジ利用特典朝食無料などの特典が無いです。

ですが ホテルインディゴ・グアナファト にはクラブラウンジがそもそも無いので関係ないですね。

詳細データ

<所在地>
都市名:グアナファト(メキシコ)
所在地:C. de Pardo 5, Centro Histórico de la Cdad. de México, Zona Centro, 36000 Guanajuato, Gto., Mexico
電話番号:(52)473-138-0000

チェックイン:15:00~
チェックアウト:~14:00
総部屋数:56部屋(3階建て)
駐車場:あり(無料)セルフ/バレー

<設備・サービス>
毎日の朝食ビュッフェ (有料)/レストラン/バー・ラウンジ/コーヒーショップ・カフェ/24時間営業のビジネスセンター/コンピュータ ステーション/24時間対応フロントデスク/ドライクリーニング・ランドリーサービス/新聞 (ロビー、無料)/手荷物保管サービス/セーフティボックス (フロントデスク)

対応言語:スペイン語・英語

<客室設備>
冷房/アイロン・アイロン台/遮光カーテン/専用バスルーム/シャワーのみ/バスアメニティ (無料)
/ヘアドライヤー/49インチ薄型テレビ/プレミアムテレビチャンネルテレビ/インターネット/デスク/WiFi (無料)/市内電話 (無料)/ボトルウォーター (無料)/ハウスキーピング (毎日)/セーフティボックス (客室内)

まとめ

ホテルインディゴ・グアナファトでした。

街並みに合わせてカラフルでポップな外観・デザインでありながら、しっかり落ち着いた雰囲気も感じられる良いホテルです。

スペースが限られるためところどころ狭さは感じますが、そこまで問題ない範囲です。(エレベーターが特に狭く2人+キャリー2個程度が限界です)

寝過ごしてレストランには行けませんでしたが、前夜に部屋で頼んだバーガー的なものはとても美味しかったです。

今回はポイントを利用しての宿泊でしたが、宿を調べていた際の価格は12,000円ぐらいでした、この辺りでは少しお高めな料金設定ですかね。

みなさんのホテル選択の一助になれば幸いです。

  

最後までお付き合い、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました